反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

Bellator65の感想

 メインのバンタム級タイトルマッチをYouTubeで見たので感想を。

ザック・マコウスキー×-○エドゥアルド・ダンタス(2R 肩固め)
 ダンタスが跳びヒザ、ミドル、ハイを出しながら前に出ていく。ダンタスの右ミドルが何度かヒットするも、マコウスキーが片足タックルでテイクダウン。しかしダンタスは下からオモプラッタを仕掛け、マコウスキーのペースになる前に立ち上がる。
 2Rにマコウスキーが再度片足タックル。しかしダンタスはそこからバックを奪うと、サイド、マウントをキープし続けパウンドで攻勢。最後はマウントから肩固めに移行するとそのまま締め上げ、マコウスキーは失神。ダンタスが一本勝ちで王座奪取。
 ボクシング+レスリングならマコウスキー、寝技ならダンタスとお互いの持ち味ははっきりしていたと思うのだが、ダンタスの方が自分の持ち味を活かす試合運びをちゃんと心得ていたという感じ。マコウスキーは2Rのグラウンドも途中で立ち上がるチャンスはあったと思うのだが、簡単にマットに背中を着けすぎた。

 そういえば上田って修斗時代にダンタス相手にタイトル防衛してるんだよね?もう何年か前の話なので事実上別の選手と思っておいた方がいいのかもしれないけど、その上田がトーナメントでは初戦敗退。ずいぶん差が開いちゃったな。

 来週は青木vsアルバレス。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2012-04-14 21:57 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)