反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

United Glory 15の感想

 先日モスクワで開催された同大会の映像を見たので、感想を。

セルゲイ・ハリトーノフ○-×マーク・ミラー(1R KO)
 開始と同時にミラーがバックブローから猛ラッシュを仕掛けるも、落ち着いて対処したハリトーノフが打ち終わりにパンチを入れていくと、途端にミラーがグダグダに。スリップなのかダウンなのか分からない場面を繰り返した挙句、最後は右のボディと顔面のダブルを食らってダウンし、そのまま起き上がれず。ハリトーノフがどうこう言う以前にミラーが酷すぎた。

エロール・ジマーマン○-×ジェロム・レ・バンナ(1R TKO)
 どっしり構えてカウンター狙いのジマーマン、開始30秒足らずでバンナのローに左右のフックを合わせてダウンを奪う。この後も完全にジマーマンがペースを握り、跳びヒザからのパンチで2度目のダウンを奪うと、最後はまたもバンナのローにカウンター。バンナが後ずさるようにしながら3度目のダウンを喫し勝負あり。
 まあこれも結果的にミスマッチな組み合わせ。やはりIGFでプロレスやってるロートルと真面目にキックを続けてるトップ選手が対戦したらこうなるか。
 とはいえ、こうしてたまに動画で見ると、やっぱりヘビー級って面白いと思えてくる。昨日も触れた新K-1は果たしてどうなるのやら・・・。
[PR]
Commented by gsp at 2012-03-31 15:30 x
スポーンに勝った時ならもうちょいいい勝負だったと思うんですがね…
Commented by nugueira at 2012-04-01 21:43
>gsp様
 いかんせん年も取り過ぎたし、実戦からも離れ過ぎましたね。まあ妥当な内容と結果だったと思います。
by nugueira | 2012-03-30 22:33 | その他(立ち技系) | Comments(2)