反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ゴン格最新号

 ゴン格の今月号を購入。まだちゃんと読み込んでいないんですが、UFC日本大会の総括記事の中で

 「ズッファは来年の日本大会継続を打診。電通も始動した。」

 という趣旨の記述が。さすがに年内の再上陸は難しそうだが、日本大会継続開催の流れに向かっていることが分かりとりあえず一安心。

 でも今回記事を読んでいて以外だったのは、UFC日本大会について比較的ネガティブな捉え方をしていた点。事前のチケット販売苦戦はともかく、当日フルハウスになってくれて万々歳、というのが会場組としての感想だったのだが。

 記事では地上波や協賛企業がつかなかったことをネックに挙げて今後の日本大会も楽観視はできない、といった見方をしていたけど、確かにビジネスとしてみた場合この辺は不安材料か。

 以前のエントリでも書いたけど今回の客層は①コアファン②外国人③かつてPRIDE等を見ていたライトファン から構成されたいた感じで、「初物感」「PRIDEの名残」といった要素が薄れていく第二弾以降、今回の盛り上がりをどれだけ維持できるかはやや不安材料。

 ゴン格の記事によると日本大会継続の条件として今回設定されていたハードルは「観客動員1万8000人以上」だったらしいのだが、今後新規ファンの開拓なしにこの数字をクリアし続けられるか、といったら正直難しい気もしてくる。やっぱり長期的に地上波の存在は必須条件になってくるのかな。
 今回日本の格闘技ファンの底力は示せたはずなので、一ファンとしてはこの面白さを地道に伝えていく努力を続けていく以外、協力する方法はないわけですが。
[PR]
by nugueira | 2012-03-24 23:15 | UFC | Comments(0)