反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC144の予想③

 ラスト4試合の予想を。

ジェイク・シールズ○-×秋山成勲
 3連敗で正真正銘後がない秋山と、こちらも連敗中のシールズ。エレンバーガーみたいに秋山が一発入れたら面白いんだろうけど、秋山のUFCの試合でそういう場面見たことないからな。やっぱりシールズに絡めとられて終わりそうな気がする。

マーク・ハント×-○シーク・コンゴ
 徐々にMMAへのアジャストを成功させつつあるハントに期待したいのだけど、コンゴの方が総合のキャリアは上だからなあ。殴り合いにならない試合運びもそれなりにできそうだし、やはりハントは少々分が悪いか。

クイントン・ランペイジ・ジャクソン○-×ライアン・ベイダー
 客観的に見るとベイダーが漬け込んで勝ちそうな気もするのだが、やはり事実上のホームで戦うランペイジの爆発に期待。テイクダウンを凌ぎ続ける戦い方も慣れているだろうし。当日の会場人気はやっぱりランペイジが一番なのかな。

フランク・エドガー○-×ベンソン・ヘンダーソン
 ベンヘンが勝つとしたら大きい一発を入れたいところだけど、エドガーはここ2試合「特大の一発」をもらったところからリカバリーしてるからなあ。メイナードに比べるとベンヘンの方が粗そうだから、そもそも一発が入らなさそうだし。エドガーが神速のヒット&アウェイ&テイクダウンでベンヘンを完封、と予想します。

 明日の計量見に行きます。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2012-02-24 12:50 | UFC | Comments(0)