反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

元気ですか!!大晦日!!観戦記②

 小路晃のラーメン屋台で体を温めたところで第2部スタート。

桜井“マッハ”速人○―×長南亮(判定)
 1Rにマッハのパンチで長南がダウン。マッハはラウンド終盤にもテイクダウンを奪い、動きは悪くない感じ。それでもラウンドが進むうちに長南がペースを奪い返すのでは・・・と思いながら見ていたのだが、2R以降も長南は要所要所でテイクダウンを奪われてしまい、いいところなく判定負け。マッハが8年越しのリベンジを果たすと同時に、約2年ぶりの白星。
 なんだかんだでマッハが勝つとなんとなく嬉しい気分になってはくるけど、それにしても長南は動きに精彩を欠いた。UFCも経験しているし「倒されない・倒されてもすぐ立ち上がる」試合運びではマッハよりも優れていると思っていたんだけど、簡単にマットに背中を着ける場面が多くて驚いた。それだけマッハの動きが良かったということなのかしら。

川尻達也○―×宮田和幸(2R 肩固め)
 川尻がスタンドでどれだけ主導権を握れるかがカギか、と思っていたのだが意外にも先にテイクダウンを奪ったのは川尻。そこから巧みにポジションをキープし、ラウンド終了間際に肩固めに移行。ここは宮田がゴングに救われる。
 2Rに入っても川尻優位の展開は変わらず、繰り返しテイクダウンを奪うと最後はまたも肩固め。今度はラウンド終了のゴングを聞くことなく宮田がタップし、川尻はフェザー転向後2連勝。タイトル挑戦権を一気に当確させた。
 とにかくレスリング勝負でも川尻が宮田を圧倒、という展開にただただ驚き。ここまで一方的に勝つとはさすがに予想していなかった。フェザー級に完璧にアジャストしてるなあ。いきなり海外だUFCだの言うのはさすがに時期尚早だと思うので、まずはDREAMのベルトをきっちりと獲りに行ってほしい。

藤井惠○―×カルラ・ベニテス(1R 腕十字)
 ジョシカクは守備範囲外なので恥ずかしながらフジメグの試合も今回が初見だったのだが、煽りVの「(大晦日出場という)夢が叶うのは、終わりが近づいているという辛さも感じる」というセリフにはグッときてしまった。切ないなあ。
 試合の方はフジメグがテイクダウンから足関狙い、最後は腕十字に移行して一本。相手が格下というのも大きかったんだろうけど、久々に「きれいな寝技の一本勝ち」を見たという印象。久保と同様、日ごろこのジャンルの試合を見ていない客層の前でインパクトを残すことができたのは大きなプラスになったのでは。
[PR]
by nugueira | 2012-01-03 22:36 | DREAM | Comments(0)