反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

絶対王者、怪我には勝てず

 GSPが膝の怪我により来年10月まで長期欠場。来年2月のタイトルマッチは、ニック・ディアスとカーロス・コンディットによる暫定王者決定戦へ変更されることに。

 格闘家に怪我は付きもので、こういうリスクはファンも覚悟しておかないといけない。とはいえ、これでGSPは1年半も実戦から遠ざかることに。ディアスとの決戦がなかなか実現してくれない以上に、全盛期にあるこれだけの名王者の試合が見れないのはビジネス云々を抜きにして本当に痛いよなあ。

 ディアスとコンディットの暫定王座戦の方だけど、キャリアや引き出しの多さでディアスの方が有利かなという気がする。KOを量産しているコンディットの勢いは怖いけど、逆にその勢いを殺されちゃったら一気に失速しそうな気もするし。(そういう意味では、当初予定されていたコスチェックとの試合も「結構危ないんじゃないの?」という気はしていた。)

 あと最近のUFCのローテーションからすると、暫定王者はGSPとの統一戦との前にもう1試合挟んでもおかしくなさそう。相手はフィッチかコスチェックか、あるいはエレンバーガーあたりも候補に入ってくるか。王者が長期欠場したらしたでこうしてストーリーを組んでいけるのは今のUFCの強みで、まあ来年10月までかけて「文句なしにGSPへの挑戦権がある男」を決めると考えておけばいいのか。
[PR]
by nugueira | 2011-12-08 23:59 | UFC | Comments(0)