反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC139の予想

 日曜のUFCの予想を。

ライアン・ベイダー○-×ジェイソン・ブリルズ
 ジョーンズと並ぶ新世代ホープのはずが、連敗で後がなくなってきたベイダー。踏みとどまるには手頃な相手をあてがってもらえた感じもするけど、どうなるか。

ユライア・フェイバー×-○ブライアン・ボウルズ
 バンタム級挑戦者決定戦。両者ともバランスのいい選手なので競り合いになるだろうけど、ボウルズの方がミスの少ない試合をしそう。フェイバーがダイレクトリマッチで挑戦するのも何か納得いかない、というのも込みでこういう予想に。

ヴァンダレイ・シウバ×-○カン・リー
 カン・リーの実力のほどを正直測りかねる部分もあるし、シウバにとっては踏みとどまってもらうためのマッチメイクという感じもするけど、それでもやっぱり不安。シウバの打たれ弱さはどうしようもないレベルまで来ているはずなので、どっちが先に一発当てるかの勝負になりそうな気がするんだよなあ・・・。

マウリシオ・ショーグン○-×ダン・ヘンダーソン
 ミルコ引退が象徴するようにかつてのPRIDEトップ選手が次々と脱落していく中、ノスタルジーマッチでも何でもなく堂々のメインを張る両者には感服。
 競り合った末、最後にパンチをクリーンヒットさせてフィニッシュ・・・という結末は何となく想像できるのだが、そのフィニッシュのパンチを入れるのは果たしてどちらか。とりあえずショーグンという「常識」的な予想でまとめさせてもらいますが、これまで「常識」を幾度となくぶち壊してきたのがダンヘンだからなあ・・・。この一戦は本当に予測不能。ドキドキしながら本番を待ちます。

 4週連続興業もこれで一息。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-11-16 19:20 | UFC | Comments(0)