反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

UFC on FOXの感想

 ネット視聴の感想を。この中継を見るために遂にfacebookのアカウントを取ってしまった。

山本“KID”徳郁×-○ダレン・ウエノヤマ(判定)
 KIDは軽快な動きからウエノヤマを金網に押し込むと、払い腰の要領でテイクダウン。このままペースを握るかと思ったが、ウエノヤマにテイクダウンを取られた後、スイープのタイミングに合わせてバックを取られてしまう。チョークスリーパーを極めかけられ大ピンチを迎えるKIDだが、ラウンド終了のホーンに救われる。
 2RにKIDは左でウエノヤマをグラつかせるものの追撃ができず、逆に再びバックを奪われると後は防戦一方。結局最後まで攻めらしい攻めを見せることができないまま判定で完敗。
 KID敗戦を予想はしていたものの「当日のコンディション次第かな」と思っていた部分もあり、動きは良かったにも関わらずここまで言い訳の効かない負け方をしたことは少々ショック。五味と同じで、自分の勝ちパターンが何で、どうすればそこに持っていけるのかを全く組み立てられていない印象を受ける。厳しい見方だが、ここでもまた一つのレジェンドが終焉を迎えようとしている、と思わざるを得ない。

クレイ・グイダ×-○ベン・ヘンダーソン
 1Rにベンヘンのパンチでグイダがグラつく。スタンドでは分が悪いグイダはテイクダウンを狙うが、腰の重いベンヘンはそれを許さず、2Rには逆にテイクダウンを取って着実に試合を自分のペースへ。無尽蔵のスタミナを持つ両者がノンストップで攻防を続けるこの日一番の名勝負になったが、終了間際のグイダのギロチンを凌いだベンヘンが完勝。ライト級王座への挑戦権と日本への切符を手に入れた。
 競り合いになったらグイダの方が緻密な試合運びをできると思っていたのだが、ベンヘンの身体能力がそれを許してくれなかった感じ。エドガー相手は正直厳しいとは思うが、UFC王者vs元WEC王者という点でも興味深い一戦。来年のさいたまアリーナ決戦が今から楽しみ。

ケイン・ヴェラスケス×-○ジュニオール・ドス・サントス(1R KO)
 メインもYouTubeで動画が見れたので感想を。ヴェラスケスがローを中心に試合を組み立てる中、ヴェラスケスの左にドス・サントスがカウンターの右をクリーンヒット。事実上のワンパンチ決着でベルト奪取に成功した。
 フィニッシュについては「交通事故みたいな負け方」「ストップが早かった」という声もあり、それはそれで一つの見解だろうとは思うけど、個人的にはあそこでドンピシャのカウンターを合わせたドス・サントスを褒めるしかないだろうなと。ヴェラスケスが組み付きを狙うもドス・サントスがスッと距離を外す場面があったりと、短いながらも濃密な攻防が垣間見えた1分間。WOWOWで改めてじっくり見させてもらいます。
 年末にはレスナvsアリスターによる挑戦者決定戦。ストライクフォース勢の参戦も既定路線だろうし(ジョシュの扱いはやや微妙かもしれないが)、王者の怪我で停滞していたヘビー級戦線が一気に慌ただしくなりそう。

 1月にon FOX第二弾という噂も。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-11-15 20:55 | UFC | Comments(0)