反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

UFNの感想

 メインが予想外の展開に終わったUFN、ネットで動画を見ての感想を。

ジェイク・シールズ×-○ジェイク・エレンバーガー(1R KO)
 組み付いてテイクダウンを狙うシールズを投げ飛ばすようにして距離を取るエレンバーガー。シールズが何度目かの組み付きを狙ったところにエレンバーガーが首相撲からのヒザ2発。倒れ込んだシールズに追撃のパウンドを入れたところでレフェリーストップ。わずか53秒でエレンバーガーがシールズを葬る。
 「タイトルマッチでベルト獲りに失敗した選手がその後もズルズルと黒星を重ねて低迷する」というのはUFCではまま見られるパターンで、その意味では今回のシールズも油断はできないだろうと思ってはいたのだけど、まさかこんな負け方をするとは。父親が亡くなったりで試合に集中できない環境にあったのかもしれないけど、それにしても信じられない内容での敗北。エレンバーガーはこれで一気にタイトル戦線に浮上してくるなあ。

 しかしこうなると、前述の「タイトル挑戦者低迷」のジンクスに岡見が飲まれないかが本当に心配。どうか復帰戦はほどほどの相手になりますように。(今のUFCはそれが一切期待できないから厳しいのだが。)
[PR]
by nugueira | 2011-09-19 15:22 | UFC | Comments(0)