反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

団体は分裂する定め?

 石井館長の「新K-1旗上げ宣言」がちょっとした話題になっている。

 とはいえ報道内容を見る限り、構想があるだけで具体的なスケジュールが発表されてるわけじゃないし、ちょっと今の段階では肯定的な評価も否定的な評価もできないなあ、という印象。石井館長の才覚については疑う余地がないだけに、本当に具体化するのであれば注目する必要はあるだろうけど。

 しかし今回の動きがFEGとは別個の動きだとすると、K-1も分裂に向けて動き出すということなのだろうか。そもそもFEGはK-1を名乗れる状況じゃなくなるのかもしれないが。いや、そうなると谷川がブログのパスワードを勝手に書き換えて・・・いったい何の話なんだ。

 それにしても、ここ最近は修斗といいJBCといい、団体分裂の話がやたら多い気がする。
 もっとも格闘技団体の分裂騒動は今に始まった話ではなく、遡れば極真の例なんかもあるし、ボクシングにしたってWBOはWBAから分裂して生まれたんだったっけ。原因が金だとしても大義だとしても、団体というのは分裂する定めにある、ということなんだろうか。
 この前の修斗の記事でも触れたように、統括団体の分裂なんて選手やファンにとってはいい迷惑で、競技の発展にとっては百害あって一利なし、だと思うのだけど。賢い人間なら歴史から教訓を学ぶはずなんだけどなあ。

 しかし「分裂するのが格闘技団体の定め」とするならば、UFC帝国もいずれ同じ運命をたどっちゃったりするのかしら。
 何十年か後にはAll American UFC と New American UFC の2つの団体があったりして。それでファン同士で「All American UFC の四天王MMAは最高だぜ」「いや、New American UFC のMMA三銃士の方が・・・」とかいう話題で盛り上がっちゃうのね。だからいったい何の話なんだ。
[PR]
by nugueira | 2011-07-07 20:19 | 雑記 | Comments(0)