反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

リングス復活?

 前田日明が来年3月のリングス再始動を表明。

 ツイッター上の反応を見ると、「待ってました!」という人と「今さら時代錯誤。むしろリングスの名前を軽々しく復活させてほしくない」という人がきれいに二分。まあどちらのリアクションも、お気持ちは十分に理解できます。

 で、私がどっちのポジションなのかというと、いやあこのニュースには全く食指が動かなかった。図らずも自分の格闘技歴の入り口がPRIDEであることを再確認するきっかけになってしまった。

 ただ、当時リングスに全く関心がなかったわけではなく、第2回KOKの決勝ラウンドは会場観戦してました。ノゲイラの勝ちっぷりを見て一気にファンになったんだっけ。あのときのノゲイラは本当に強かったなあ。

 てなぐあいに振り返ってみると、リングスの看板を復活させることはそれなりに意味はあるのでは。例えばMMAのスタイルがボクシング+レスリングに偏りがちな今、KOKルールで再度寝技の技術にスポットライトを当てる、というのもアリはアリ。時代錯誤との声は出るでしょうけど。

 これはあくまで一例で、KOKルールかどうか、外人が揃うかどうかに関係なく、まずは今の前田が提示する「リングス」を素直に受け止めればいいのかな、とも思います。結果的に肩すかしの内容であれば、それはその時点で批判すればいいわけだし。というのがとりあえず現時点での私の考えです。
[PR]
by nugueira | 2011-06-20 20:00 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)