反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

UFC130の予想

 エドガーvsメイナードの消滅に加えKIDも欠場と、怪我人が多い最近のUFCを象徴するかのような今回のUFC。まあそれでも注目カードが1つや2つじゃない辺りにUFCの充実度合が表れている、とも言えるけど。

ヘナン・バラオン○-×コール・エスコベド
 DREAMに2度ほど参戦したエスコベドがUFC出場。勝ったとはいえ前田戦もKO直前まで苦戦気味だったし、厳しいんじゃないかという気が。

ミゲール・トーレス○-×デメトリオス・ジョンソン
 トーレスが元王者の意地を見せるか。しかしKIDは前回勝ってればこのクラスの相手と戦えていたのか、と思うと何か複雑。

ブライアン・スタン×-○ジョルジ・サンチアゴ
 SRC王者サンチアゴがUFC凱旋。スタンは元々1階級上の選手なので打ち合いになったらやばそうだが、SRCで競り合いの試合も数多く経験しているサンチアゴの成長に期待。

フランク・ミア○-×ロイ・ネルソン
 ヘビー級の次々期挑戦者レースに向け、両者落とせない一戦。どの展開になってもミア優勢な気がするけど、ネルソンは打たれ強いからなあ。長丁場の末に一発もらってしまわないかが不安材料。

ランペイジ・ジャクソン○-×マット・ハミル
 メインは若干地味な印象もあるライトヘビー級戦。リョート戦では判定の是非はともかく打撃のみに頼らないクレバーな動きを見せていたランペイジ。今回も競り合いになったらなったできっちり勝ちそう。

 この日は興業が集中。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-05-23 23:44 | UFC | Comments(0)