反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RISE57の感想

 GAORAで見た感想を。

小宮山工介○-×九島亮(3R KO)
 序盤からアグレッシブに前に出る小宮山、上下のパンチとヒザで攻め込む。2Rには首相撲からのハイキックといったトリッキーな技も見せる小宮山に対し、九島はだんだん動きが落ちてくる。
 3Rも手数とスピードの落ちない小宮山、パンチからの左ハイでダウンを奪うと、最後は右フックでKO。この勝ち方は「強いなあ・・・」の一言。

丸山準一○-×里獅ZLS(判定)
 丸山の体格とガードの固さに里獅はなかなか切り込めない展開。3Rに強引に前に出た里獅が884戦を思わせる左右連打を叩き込むが、攻め疲れで動きが落ちたラウンド終盤に丸山がアッパーを叩き込みダウンを奪い判定勝利。里獅は前回がいい勝ち方だっただけに、もったいない敗北。

守屋拓郎○-×貴之ウィラサクレック(判定)
 1Rから両者ローの削り合い。2Rはパンチも振るう貴之に守屋は徹底してロー、腿へのヒザを打ち込み、我慢比べになってくる。3Rに入ってもペースが落ちない守屋のローに貴之が下がるようになり、判定3-0で守屋が勝利。

池井佑丞○-×喜入衆(2R KO)
 体格に勝る池井がパンチと組んでからの膝で攻勢。喜入のローに左のパンチを合わせダウンを奪う。
 喜入はダウン後も粘ったものの、2R終了とほぼ同時に池井のカウンター左フックがクリーンヒット。喜入はそのまま起き上がれずタオル投入。

小宮由紀博○-×松本勇三(判定)
 松本は足技、小宮はパンチで攻め込む五分の展開。2Rに小宮はパンチを上手く入れるが、体格差もあり松本をなかなか崩せない。3Rは組み付きも増え乱戦となったものの、パンチの手数が評価されたか小宮が判定2-0で勝利。

吉本光志○-×昇侍(判定)
 開始と同時に昇侍が距離を詰めパンチラッシュ。吉本は落ち着いて対処し、ボディストレート、アッパー、ミドル、ローと多彩な攻めを見せる。
 2Rに圧力を強めた吉本は動きを止めて打ち合いに応じ、逆に昇侍を押し込む場面も作る。ローのダメージもあってか下がる場面が増えてきた昇侍は終盤は立っているのがやっとの状態だったが、ダウンはせず試合終了。裕樹戦もそうだったが、敗れはしても面白い試合を見せてくれる。真正面から受けて立った吉本の試合ぶりも見ていて気持ちよかった。

菅原勇介○-×田中秀弥(2R KO)
 両者キレのあるパンチとローの応酬。互角の展開が続くが、菅原が頬から出血したあたりから田中のパンチが菅原の顔面を捉える場面が目立ってくる。
 2Rに入ると田中がヒザとパンチで徐々に菅原を押し込んでいきペースをつかんだかに見えたが、攻め疲れからか動きが落ちてくる。そして2R残りわずかというところで菅原の右フックがクリーンヒット。崩れ落ちた田中はそのまま起き上がれず、菅原が衝撃の逆転KO。65キロのキーマンと見られていた田中を破りトーナメント決勝へ駒を進めた。
[PR]
by nugueira | 2009-11-26 23:30 | RIZE | Comments(0)