反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

UFC127の感想①

 WOWOWで見た感想を。今回は放送まで間隔が長いので情報をシャットアウトするのが大変だった。

ニック・リング×-○福田力(判定)
 福田が最初にテイクダウンを奪うが、リングも下から三角絞めで応戦。その後は打撃戦の展開が続くものの、1R終了間際に福田がテイクダウンに成功。印象を良くする。
 2R以降も福田は自分のペースで試合を進め、打撃戦でも五分以上に渡り合い、要所要所でテイクダウンに成功。完璧な「UFC仕様」の試合運びを見せる。
 結局福田ペースのまま試合が終了し「うわー、UFCにアジャストした試合をやってのけたのが小見川でもKIDでも五味でもなく福田かー。なんか微妙な気持ちだなー」などと思いながらテレビを見ていたら、ジャッジは3-0でリング。
 いやいやいや、これおかしいでしょ。リングにポイント入る要素あったか?強いていえば1Rの下からの攻めぐらいだけど、なんでこういうジャッジになってしまうのか・・・。最近のUFCは判定を巡る不可解な試合がやや多い気がする。

マーク・ハント○-×クリス・トゥクシャー(2R TKO)
 ハントには期待できないだろう、と思って見始めたらトゥクシャーの腹のダルダルさ加減にびっくり。試合の方もハントが序盤にパンチを入れて優勢に試合を進めるとトゥクシャーの寝技も何とか凌ぎ、最後は突っ込んできた相手にアッパーを合わせてKO勝利。勝ち名乗りを受けるハントの姿を見るのは本当にいつ以来なんだろう。

ヂャン・ティェカン○-×ジェイソン・ラインハルト(1R ギロチンチョーク)
 思い切りのいい打撃を振るったヂャン、ラインハルトをギロチンに捕らえるとそのまま締め上げて秒殺一本。UFCアジア戦略のキーパーソンとなるか。

カイル・ノーク○-×クリス・カモッジ(1R 裸絞め)
 テイクダウンを取ったノークがマウント→バックから裸絞めであっという間に一本。地元オーストラリアの大歓声に後押しされるかのような快勝劇。
[PR]
by nugueira | 2011-02-28 23:29 | UFC | Comments(0)