反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

UFC128の予想

 週末のUFCの予想を。

ジョセフ・ベナビデス○―×イアン・ラブランド
 WEC時代にはタイトルマッチを経験しているベナビデス。再浮上のためにもここは落とせない。

ミルコ・クロコップ×―○ブレンダン・シャウブ
 ミア戦からの再起を図るミルコ。相手はゴンザガを破っているシャウブ。うーん、ダメだ。今のミルコはこのくらいの勢いのある選手と戦うといいように踏み台にされそう。

ダン・ミラー×―○ネイト・マーコート
 秋山が震災の影響で欠場。マーコート相手だと苦戦は免れなかったとは思うが、残念。
 で、代わりにミラーがマーコートの相手に。ミラーの戦績を見ると上位陣には勝てていないので、マーコートはここは踏ん張りどころか。

ジム・ミラー○―×カマル・シャルロス
 ミラー弟も出場。改めて戦績を見ると、デビュー以来エドガーとメイナードにしか負けてないのね。そろそろ上位戦線に絡んでくるか。

ユライア・フェイバー○―×エディ・ワインランド
 WECのエース・フェイザーがセミに抜擢。ほぼ既定路線となっているバンタム級タイトルマッチ挑戦を確実にするためにも取りこぼしは避けたい。

マウリシオ“ショーグン”フア×―○ジョン・ジョーンズ
 エヴァンス怪我により、次世代エース・ジョーンズがタイトルマッチへ大抜擢。ジョーンズは長丁場の経験がないのが不利になりそうな一方で、短期決着で一気に持っていってしまいかねない。ショーグンはブランクが不安だが、ジョーンズはUFCに珍しい6週間というショートスパンでの連戦がどう影響するか。うーん、予想しにくい。
 「短期決着でジョーンズ、長丁場でショーグン」というありきたりな結論に行きつくけど、やっぱりジョーンズが圧倒的フィジカルでショーグンを粉砕してしまいそうな気がする。ショーグンは序盤でジョーンズを勢いづかせないことがカギか。
[PR]
by nugueira | 2011-03-15 23:02 | UFC | Comments(0)