反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

パンクラスの感想

 パンクラス12月大会、スカイAで見た感想を。

アライケンジ×―○鹿又智成(判定)
 1Rに組み付きからテイクダウンを奪った鹿又、そこからバックを取って攻め込む。2R以降はアライも盛り返したが、判定は三者とも1ポイント差で鹿又勝利。アライは打撃でいくのか組み付くのか、狙いが定まっていなかった感じ。

伊藤崇文○―×寿丸(判定)
 伊藤がタックルからテイクダウンを狙うが、寿丸は腰の強さで粘る。2Rも同様の展開が続いたが、しつこい組み付きが効いたか、伊藤が寿丸の尻をつかせることに成功。寿丸のロープ外への逃げによるイエローカードもあり、伊藤が勝利。

江泉卓哉×―○石井拓麻(判定)
 パウンドを振るう江泉に、石井は下から十字。江泉が払い腰でテイクダウンを取ると石井はスイープから足関。両者アグレッシブに動くいい展開だったが、ローブローのイエローが効いたか、3-0で石井勝利。江泉は泥沼の3連敗。タイトルマッチにこぎつけるまではいい試合してたのに。

川村亮○―×井上俊介(判定)
 ゴツゴツした殴り合いの展開の後、井上がテイクダウンからマウントを奪取。すぐに脱出した川村がパウンドで攻勢。2Rも井上はテイクダウンには成功するもののそこから先が攻め込めず、川村がパンチの正確さで徐々に優勢になっていく。3Rも同様の展開で、判定は2-0で川村が防衛に成功。
 川村はベルトを守るという最低限の結果は出したものの、正直物足りない内容。日本人相手ならスパッときれいに勝ってほしいところなのだけど。

竹内出×―○金井一朗(判定)
 金井はフットワークを使って素早い出入りを繰り返しながらパンチ。竹内に組み付く隙を与えない。
 2R、金井は飛び込みながらの右のパンチを入れ、竹内は尻もちを着くようにダウン。竹内はタックルを見せるが金井を捕えられない。3Rに竹内はようやく金井に組み付くが、金井はテイクダウンまでは許さず。結局2Rの攻勢が評価されたか、判定2-0で金井がベルトを奪取。
 金井は竹内対策をよく準備し、それを完璧に遂行してみせたという感じ。一方の竹内は苦しみ続けてようやく手にしたベルトを1度の防衛で手放すことに。試合スタイルの好き嫌いはさておき、タイトルマッチではつくづく勝負運のない選手だなあ・・・。
[PR]
by nugueira | 2010-01-15 23:37 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)