反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC126の予想

 ストライクフォース日本大会中止の噂にショックを受けつつ、明日のUFCの予想を。

山本“KID”徳郁○-×デメトリオス・ジョンソン
小見川道大○-×チャド・メンデス
 期待の日本勢2人が揃ってオクタゴンデビュー(小見川は再上陸か)。2人とも決して楽な相手ではないだろうけど(今のUFCの構造上、楽な相手というのがそもそもありえないんだけど)、ここはやはり白星デビューでの揃い踏みを期待。

ミゲル・トーレス○-×アントニオ・バニューエロス
 かつてのバンタム級名王者トーレス、王座戦線への返り咲きをアピールしておきたいところ。

ジョン・ジョーンズ○-×ライアン・ベイダー
 共に実質無敗のライトヘビー級新鋭対決。勝った方は一気にタイトル戦線への浮上もあり得るか。ベイダーは勝ったとはいえ前回のホジェリオ戦で底が見えてしまった感じが。ジョーンズがいつもの爆発的な勝ち方を見せてくれるのでは。

フォレスト・グリフィン×-○リッチ・フランクリン
 こちらは同じくライトヘビー級のベテラン対決。フランクリンは怪我で試合間隔が空いたのが心配だけど、グリフィンは一発もらってのKOが負けパターンなのでフランクリンは相性悪いのでは。フランクリンがリデル戦と同様の勝ち方をしそう。

アンデウソン・シウバ○-×ビクトー・ベウフォート
 絶対王者・アンデウソンに挑むのはUFC創成期からの英雄・ベウフォート。アンデウソンは衰えも見えつつあるだけに打ち合いからベウフォートの一発が入ったら・・・という想像もできなくはないところ。とはいえベウフォートは1年以上試合から遠ざかっているし、アンデウソンは負けるにしてもここじゃないだろう、と信じたい。アンデウソンが終始ペースを握ったまま打撃でKO、と予想。
 なんかダナが「アンデウソン対GSP」を露骨に既成事実化しようとしてるのが日本人的には心中穏やかじゃないところ。岡見が挑戦というシナリオに持っていくにはビクトーが勝った方がいいんだろうか。

 先月のような大惨事になりませんように・・・。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2011-02-05 20:31 | UFC | Comments(0)