反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

UFC117の感想(メイン以外)

 あまりに凄すぎる結末だったメインは改めて書くとして、他の試合の感想を取り急ぎ。

ロイ・ネルソン×-○ジュニオール・ドス・サントス(判定)
 ネルソンの組み付きも落ち着いて対処したサントスが1Rからパンチ連打を叩き込む。KO勝ちも時間の問題か、と思ったものの、脂肪でダメージを吸収してしまうのか異常な打たれ強さを見せるネルソンを崩しきれず判定でサントス勝利。
 サントスはベルト挑戦へ着実に結果を出したものの、やはり豪快にKOで決めてほしかったところ。この程度の相手に手を焼いているようじゃレスナーの牙城は崩せないでしょ。

マット・ヒューズ○-×ヒカルド・アルメイダ(1R ギロチンチョーク)
 両者間合いの計り合いの展開。アルメイダの方がやや動きがいいかな、と思っていたところでヒューズが左をヒットさせアルメイダがダウン。そのままアルメイダをがぶったヒューズがノースサウスチョークのような体勢でギロチンに捕らえ、あっという間に一本勝ち。
 このところレジェンド対決路線が続いていたヒューズが、この相手にこういう勝ち方をできたというのは驚きの一言。まだまだ底力ありますねえ。

クレイ・グイダ○-×ハファエル・ドス・アンジョス(3R TKO)
 ノンストップの打撃戦とテイクダウンの奪い合いを続ける両者。削り合いの展開で判定までもつれこむかと思ったが、3Rにグイダがテイクダウンを取ったところで、アゴの骨を痛めたドス・アンジョスがタップ。終わり方はやや消化不良だったものの、グイダがプロモーター側から評価される理由がよく分かる一戦だった。

ジョン・フィッチ○-×チアゴ・アウベス(判定)
 アウベスの打撃に必要以上に付き合わなかったフィッチが、いつも通りのしつこいテイクダウンからポジションをキープし続け完封勝利。これでフィッチはGSPに敗れた後、いずれも判定で5連勝。GSPとの再戦が見たいかというと全くそんなことはないのだが、着々とベルト再挑戦へ足場を固めていますな。
[PR]
Commented by 日本は・・・。。。 at 2010-08-14 18:20 x
UFCレベルが高いから本当面白い。全階級立役者揃いのそうそうたる面々ですね。
Commented by nugueira at 2010-08-15 12:46
>日本は・・・様
 全盛期のPRIDEと同じで、選手のレベルのモチベーションも高いので前座から外れなし、という好循環が生まれてますよね。本当にうらやましい限りです。
by nugueira | 2010-08-08 23:12 | UFC | Comments(2)