反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

SRC13の感想

 開始時間を勘違いしていたため、最初の2試合は見逃し。やはり入江は私の視界には入ってこない運命、ということなのか。

大澤茂樹○-×戸井田カツヤ(3R 反則)
 1Rに大澤の左フックでトイカツがダウン。大澤は追撃を仕掛けるものの仕留め切れず、逆に2R以降はガス欠気味の大澤に対しトイカツが打撃で徐々に盛り返すように。しかしトイカツのヒザを食らった大澤がローブローを主張し試合が中断。スロー再生を見る限りは普通に腹にもらっていたように見えるが、結局スネが下腹部に当たったという裁定でトイカツが反則負け。負けたトイカツも勝った大澤も見てるこっちもスッキリしない結末だった。

和田拓也○-×イ・ジェソン(判定)
 スタンドもグラウンドも特に決め手のない展開だったが、テイクダウンからのポジション取りでやや優勢だったワダタクがスプリット判定でGP初戦を突破。パンクラスのベルトを返上しようがメジャーのリングに上がろうが、ワダタクの持ち味に変わりはなかった。

中村K太郎○-×オマール・デ・ラ・クルーズ(2R TKO)
 煽りVでは打撃が強調されていたクルーズだが、1Rにテイクダウンを取られると下から腕十字を仕掛ける場面も。意外と引き出しの多いところを見せる。
 それでもグラウンドで徐々に主導権を握った中村が、最後は鉄槌連打でレフェリーストップを呼び込んで完勝。「優勝候補筆頭」の呼び声に恥じない試合内容を見せつけた。

真騎士○-×ホドリゴ・ダム(2R KO)
 ローキックから試合を組み立てるダムが、真騎士のトリッキーな攻撃を落ち着いて捌き1R終了。
 真騎士は得意のラッシュに持ち込めず嫌な展開だなあ・・・と思っていたら、2R開始早々にパンチラッシュを仕掛けた真騎士が、コーナーでダムを打ち抜きあっという間にKO。
 パンクラス時代(今も王者だけど)の真騎士なら2Rに持ち込まれた時点でガス欠を起こしていておかしくなかったのだが、こういう嫌らしい相手でもペースを見ながら最後にはKOしちゃう辺りはやはり成長の証か。「引き出しを増やしている」というよりは「元々の引き出しで勝つやり方を覚えてきている」という感じで、やはり今後のライト級戦線は真騎士が核になりそう。
[PR]
by nugueira | 2010-06-21 23:35 | SRC(戦極) | Comments(0)