反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

DREAM.15の感想①

中村和裕○-×カール・アモーゾ(判定)
 アモーゾの打撃をいなした中村が、タイミングよいタックルでテイクダウンを奪い試合をコントロール。15分間同じような展開を続けての判定勝ちでDREAM初陣を無難に飾った。
 一本決めてくれなかったのが物足りないものの、ものすごいポジティブに捉えれば「PRIDEで一番強かった頃の勝ち方を取り戻しつつある」という見方もできなくはないのでは。

石田光洋○-×DJ.taiki(判定)
 石田がしつこいタックルからのテイクダウンでDJを固め続ける、という予想どおりの展開。DJも寝かされた後の対応は頑張っていたのだが、DJが立ち上がろうとしたところに石田がすぐさま追い討ちのタックルを仕掛けるなど、とにかく石田がしつこつ、そして上手かった。
 中村の試合と同様、一本取れなかったことは消化不良といえば消化不良なんだけど、「ライト級時代と同じ勝ち方をできることを石田が証明した」と受け止めると今後のフェザー級戦線はけっこう楽しみ。

小見川道大○-×ジョン・ヨンサム(1R フロントチョーク)
 小見川がパンチでダウンを奪うとフロントチョークを仕掛ける。ヨンサムは何とかこれを凌ぎ、下から関節技を仕掛けるなど引き出しの多さも見せるものの小見川優位は動かしようもなく、最後は打撃で圧倒した小見川がマウントからフロントチョークで一本。小見川がぶち上げるビビアーノ戦、実現の機運は高まるか。高谷には悪いけど、小見川に発言権があることはまあ紛れもない事実ではある。

メルヴィン・マヌーフ×-○水野竜也(1R アームロック)
 試合前に両者が並ぶと、意外にも水野の方がリーチで上回っている感じ。元々ヘビー級でやっていた人間とミドル級が主戦場の人間との試合なので当たり前といえばそうなのだけど。
 開始直後にマヌーフのフックで水野が腰を落とし、マヌーフが鉄槌を連打。これで万事休すか、と思われたが水野がここは何とか耐え忍ぶ。スタンドで再開するとマヌーフがリーチ差に加えて攻め疲れのせいか動きが悪く、逆に水野が押していく展開に。水野がテイクダウンに成功するとマヌーフはほとんど何も出来ず、最後はアームロックでタップ。番狂わせを演じた水野が王座決定戦へ進出。

ゲガール・ムサシ○-×ジェイク・オブライエン(1R フロントチョーク)
 アナウンサーのコールでオブライエンの体重が「96キロ」とアナウンスされ「??」と思っていたら、なんとオブライエンが減量に失敗という衝撃の説明。王座決定トーナメントなのにこんなの許していいのかよ・・・。まあ主催者が悪いんじゃないけど。
 ゴング直後にタックルを仕掛けるオブライエン。落ち着いてタックルを切ったムサシがそのままフロントチョークに捉え、オブライエンあえなくタップアウト。所要時間わずかに31秒。減量もできなきゃ試合でも何もできず秒殺負け。こいつに払うファイトマネーがもったいなくてしょうがない。
[PR]
by nugueira | 2010-07-11 23:18 | DREAM | Comments(0)