反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ストライクフォースの感想

 メインだけ動画で拝見したので、感想を。

アリスター・オーフレイム○-×ブレット・ロジャース(1R TKO)
 序盤から圧力をかけ続けたアリスターが、一瞬の組み合いから軽くいなすようにロジャースを転ばせると、後はひたすら上から攻撃。最後はパウンド連打が入ったところでレフェリーストップ。ヒョードル戦では大健闘を見せたロジャースも、今回は何もさせてもらえず。
 三段論法が成立するわけじゃないことはよく分かってるんですが、同じロジャースという相手での試合内容を比較すると、ヒョードルにとってアリスター戦は過去最大の難敵になるだろうなあ・・・と思わざるを得ない。ヒョードルVSロジャースは非UFC系団体が提供できる重量級再注目カードですね。
 ロシア人対オランダ人の試合にCBSの視聴者が興味を示すのか、という対地上派の訴求力が気になるところではありますが。
[PR]
Commented by 骨骨 at 2010-05-20 22:36 x
技術云々じゃない絶望的なパワーの差を感じますね
ロジャースは動きがガチガチだったようにも見えました
去年のテイシェイラ同様ビビってしまったんでしょうか
ヒョードルファンとしてはアリスター戦は覚悟を決めてから見ないといけませんわ
Commented by nugueira at 2010-05-24 08:43
>骨骨様
 ロジャースのように簡単に倒されることはないにしても、このパワーにヒョードルがどう対応するか。ちょっと解決法が見えてこないですね。
by nugueira | 2010-05-19 23:47 | Strikeforce | Comments(2)