反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ストライクフォースの感想

 ニコニコ動画で試合映像を見ました。

ギルバート・メレンデス○-×青木真也(判定)
 とりあえず「青木完敗」の一言に尽きる内容。最初から最後まで全くいいところがなく、後半は見ていて辛かった。ある意味、ハンセン戦やマッハ戦のKO負け以上にショッキングな内容。

 スパッツ着用、あるいはリングの試合であれば序盤の下からの仕掛けが成功したかも・・・という想像はできなくはないんですが、この試合はそれ以上にメレンデスの戦略勝ちと見るべきでしょう。不用意な蹴りは出さずにボクシング勝負に徹底し、パウンドの体勢になっても必要以上に深追いしない。青木に自分の試合をさせないためのプランをしっかり立てて、それを完璧に遂行してみせた感じ。逆に青木はテイクダウンが取れない、下からの展開に付き合ってくれないとなった時点で、そこから自分のペースに持っていくための一工夫ができなかったか。

 日本MMA最後の砦とも言うべき青木が完敗。太平洋戦争、バブル崩壊に続く3度目の敗戦と言ってしまっていいでしょう。「焼け野原」のこの状態から、どういう活路を見出していくか。残念ながら、道筋はまだ見えてこない。

 この他の2試合は残念ながら観戦せず。いや、WOWOWのUFC中継でさえ5分×5Rをみっちりやられてしまうとお腹一杯感があるのに、ネット動画でそれをもう2試合見るのはちょっと・・・。他2試合は下馬評が覆された結果となりましたが、特にダンヘンがシールズに負けたのは意外。シールズはUFC移籍が噂されているのでストライクフォース側としてはダンヘンにベルトを獲ってもらいたい流れだったと思うのだが、この辺が格闘技団体の運営の難しさか。
[PR]
by nugueira | 2010-04-20 23:50 | Strikeforce | Comments(0)