反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

K-1MAXの予想

 いよいよ始まる-63キロ級トーナメントの予想を。

“狂拳”竹内裕二○-×裕樹
 RIZE初代60キロ王者決定戦で対戦して以来となるリマッチ。前回は裕樹が勝ってるわけですが、ここ1年の戦績では竹内が完全に勢いをつけちゃってるので、このまま裕樹にリベンジしてしまうのではないかと予想。裕樹も減量に苦しんでいたようなので63キロという階級設定は願ってもないチャンスかもしれないが。

卜部弘嵩○-×谷山俊樹
嶋田翔太○-×麻原将平
大石駿介×-○卜部功也
才賀紀左衛門×-○ファイヤー原田

 K-1甲子園組は期待値も込みで基本的に印を付けさせてもらいますが、才賀はファイヤーが相手だからなあ。去年も前田からダウン奪ってるぐらいだから、序盤の勢いでそのまま飲み込んでしまう展開が十分あり得そう。

久保優太○-×DJ.taiki
 渡邊戦ではボクサー攻略の模範解答で結果を出したDJだが、今回はトップどころのキックボクサーが相手だからなあ。さすがにキツイか。

大月晴明○-×松本芳道
 滑り込み出場となった大月。ファイトスタイルがK-1に合わない(というか地上波放送に合わない?)というのはまあ一つの事実だとは思うが、やはりいてほしいキャラクターではある。この前の黒田戦と同様、アピールできるかどうかはともかく結果は出すのでは。

山本真弘○-×大和哲也
 絶対エース不在で始まる-63キロ級で、周囲の期待どおりその位置を占めることができるか勝負のトーナメントとなる真弘。63キロという階級設定が最大の不安要素だが、不安を払拭するスピードスターぶりを見せてほしい。

尾崎圭司○-×小宮山工介
 真弘と逆に63キロの設定が一番有利に働くのは尾崎のはずなので、初戦でインパクトを発揮できるか。小宮山も軽く見ていい相手じゃありませんが。

石川直生○-×渡辺理想
 結果的にビッグマウス先行となってしまっている石川。個人的に一番期待している存在ではあるのだが、不安要素はやはり一発病か。

上松大輔○-×チョン・ジェヒ
 メインに抜擢されたのは上松。主催者のこいつへの期待値が未だに高いのはよく理解できないのだが。まあ相手のジェヒも目立った戦績はKIDをKOしたぐらいなので、上松有利は固いとは思うけど。

城戸康裕○-×ヴァヒド・ロシャニ
 スーパーファイトの予想も。城戸は世界トーナメントに滑り込む余地もなくなってる状況だが、まずは堅実に出直しの勝ち星を拾っていくしかないか。

 PPV観戦します。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2010-04-29 23:32 | K-1MAX | Comments(0)