反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

火の玉ボーイ、金網に散る

 あれだけ煽っていたUFNの地上波中継、録画を忘れるという大失態。というわけで大好評だったらしい秋山の解説は見ていない。残念ながら。
 とりあえず慌ててネット上の動画でフォローしたので、日本人3人の試合の感想を。

岡見勇信○-×ルシオ・リナレス(2R TKO)
 序盤からリナレスのパンチを見切ってヒザ・パンチを叩き込み続けた岡見が完全に試合を支配。最後は相手を流血に追い込んでのTKO勝ち。
 カード編成の段階から日本人3人の中で岡見は一番楽な相手をあてがわれたな、という感じはあったわけですが、それでもキッチリ文句なしの結果を出すあたりはさすが。あまりに遠いアンデウソンへの階段、とりあえず仕切りなおしの一歩目は踏み出したか。

宇野薫×-○グレイソン・チバウ(1R TKO)
 噛み合わせ的に宇野にはキツい相手だと思っていたけど、案の定の結果に。並んだ時点で体の厚みに露骨に差がある両者、組み合いになると宇野は明らかに劣勢。それでも1R終盤まではうまく間合いを取っていたが、最後はチバウのパンチに撃沈。
 宇野は相当の覚悟でUFC復帰を選んだはずだしその選択を否定はしないけど、フィジカルの不利を克服できないまま1分2敗。宇野の光明は見えてこない。

ケニー・フロリアン○-×五味隆典(3R チョークスリーパー)
 ケンフロ相手は厳しいだろうと思っていたので「五味敗戦」という結果自体に驚きはなかったんだけど、映像で見るとこの負け方はショック。1Rからケンフロのジャブ、ヒザ蹴りで削られ続け、3Rにテイクダウンを取られるとチョークを極められタップアウト。UFCデビュー戦はあまりに言い訳の聞かない内容での完敗。
 負けるにしてもテイクダウンから削られる展開を予想していたんだけど、1・2Rは相手がスタンド勝負を徹底的に挑んでくるという全盛期の五味にとっての「勝ちパターン」だったにも関わらず、全く主導権を奪えず。これで負けてしまうと次戦以降はどういう展開なら勝てるのか。「次はKO」という五味の発言は残念ながら何の説得力もなく、単なる負け惜しみにしか聞こえない。
[PR]
Commented by 骨骨 at 2010-04-10 09:43 x
10回挑戦しても1回も勝てないと思わせる完敗でしたね・・
試合後のコメントを見る限り自分と相手のレベルの差をちゃんと理解してるのか疑問が残ります
自分のジムに篭って練習してても限界があると思うから出稽古でも何でもいいのでいい環境で練習して欲しい
Commented by ONE at 2010-04-11 01:12 x
単純に全盛期が過ぎてしまっただけの事だと思います。寂しいけど現実です。
Commented by nugueira at 2010-04-13 02:07
>骨骨様、ONE様
 低迷の原因は練習環境なのかメンタル面なのか、選手としてのピークを過ぎたからなのか。今のままでは本人以上にファン(あるいは、かつてのファン)が納得しないと思うのですが、出口はなかなか見えてきませんね。
by nugueira | 2010-04-09 23:47 | UFC | Comments(3)