反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

K-1横浜大会の感想

 地上波観戦の感想を。先に総論から言うと、全体としては判定が多くてやや消化不良な内容。それだけに京太郎のパフォーマンスが光った。

ジェロム・レ・バンナ○-×タイロン・スポーン(判定)
 スポーンが手数を出し続けていたものの、ヒザ蹴りの後にバンナのパンチを食らって逆にダウン。2R以降もミドルとヒザ中心の組み立てで盛り返したもののダウンのビハインドは取り返せず、判定でバンナ勝利。今後上位陣と対戦する機会があっても同様の展開で負けそう。やっぱり体格のハンデは苦しいなあ。

アリスター・オーフレイム○-×ジャバット・ポトラック(1R KO)
 出だしはガードを固めて様子を見ていたアリスターだが、クリンチ寸前の体制からのフックでダウンを奪うと、最後は首を抱えながらのヒザでポトラックを粉砕。ポトラックはこの試合時間では評価しにくい部分もあるが、とりあえず今回の敗戦は交通事故みたいなものと思ってもらうしかない。アリスターを止められるのはやはり厳密なドーピング検査か。

グーカン・サキ○-×シング“心”ジャディブ(判定)
 リーチ差をものともせず上下の打ち分けで攻め続けたサキが完勝。ダウンは奪えなかったが、連敗が止まってまずは一安心か。ジャディブは手数なり攻め方のレパートリーを増やしていかないと結果を出すのは厳しそう。

京太郎○-×ピーター・アーツ(2R KO)
 序盤から圧力もなく手数も出ないアーツを、京太郎がローとパンチで徐々に圧倒。ロープ際のパンチ連打でダウンを奪うと、2Rにカウンターをクリーンヒットさせてアーツを前のめりにダウンさせる圧巻のKO劇。
 一言でいえば「慣れない減量はするもんじゃない」ということなんだろうけど、動きに精彩を欠いたとはいえ、アーツをKOしたのは大きな戦績。京太郎は昨年の連敗をチャラにして、一気にお釣りも来ちゃったなあ。まあスポーンやカラエフ相手に戦ったらあっさり負けそうでイヤだけど。

バダ・ハリ○-×アレクセイ・イグナショフ(判定)
 イグナショフはロープ際の体の入れ替え等ディフェンスの動きは悪くなかったけど、手数が出なさすぎ。ハリの猛攻をいつまでも凌げるわけもなく、見せ場もないまま判定負け。かつて新世代の旗手と目されていた男が、引き立て役としての仕事も満足に果たせない体たらく。時の流れは残酷だねえ。
 ハリはこの内容ならきれいにKOで決めてほしかったが、よく考えたら逮捕騒動で満足に調整できてないのか。イグナショフが情けなさすぎてその事実すら忘れるところだった。

セーム・シュルト○-×エロール・ジマーマン(判定)
 1Rは「相撃ち覚悟でとにかく飛び込んで振り回す」というシュルト攻略法(これ以外に攻略法がないというのがそもそも無茶な話だが)を実践していたジマーマンだが、シュルトに先手を取られ徐々に打つ手なしに。やや安全運転に終始した感じはしたけど、シュルトが毎度ながらの盤石な内容で王座防衛。3Rはややペースダウンしたようにも見えたので、今年のGPで番狂わせを起こすとすれば、スタミナ切れにつけ込むぐらいしかチャンスはないか。

 やはりPPVは購入する気にならない。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ポルコ at 2010-04-05 20:12 x
こんにちは。
拝見させていただきました。
応援ポチ。
Commented by nugueira at 2010-04-06 19:32
>ポルコ様
 コメントありがとうございます。引き続き応援のほどよろしくお願いします。
by nugueira | 2010-04-04 23:37 | K-1 | Comments(2)