反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

DREAM.13の感想②

KJ・ヌーン○-×アンドレ・ジダ(判定)
 ヌーンがジャブとボディブローだけでジダを圧倒。危なげなく判定勝利。
 勝つには勝ったけど、期待したほどのインパクトは残せなかった感じ。ボクシング技術は図抜けているんだろうけど、逆に言えばそれ以外の引き出しが今回はまったく見えなかった。解説の川尻も指摘してたけどディフェンスで大きくヘッドスリップしてる場面が多かったので、あそこに膝蹴りとかを合わせられると危ないんじゃ。そういう風にリズムを崩された場合にヌーンがどう対応するのか、というのを見てみたい。
 ジダは菊野戦もそうなんだけど、相手のペースにつきあい過ぎてしまった感じ。HERO'S時代のような荒々しさがあればもっといい試合ができると思うんだけど。

ジョシュ・バーネット○-×マイティ・モー(1R アームロック)
 ジョシュが勝つべき試合に勝った、というだけで、これまた期待したほどのインパクトは残せず。モーはけっこう腰が重いね。来るべきアリスター戦に向けて、もうちょっといい流れを作ってほしかったのだけど。

ビビアーノ・フェルナンデス○-×ヨアキム・ハンセン(判定)
 ビビアーノは「負けないための試合運び」に徹した。ハンセンは「勝つための試合運び」に持っていけなかった。その一言に尽きるか。お互い決め手に欠けてたけど、とりあえずハンセンがベルトを奪っていい試合内容ではなかったでしょ。2R終盤に打撃で押し込む場面があったけど、あれを1Rからやっていればなあ・・・。
 勝ったビビアーノは、スタンドの展開になっても競り負けない強さを身に着けてる感じ。こりゃ意外と長期政権になっておかしくないかも。

 DERAMは毎回、カード編成までのドタバタの割には不思議といい興行になる、というパターンが多かったんだけど、今回は正直不発。次回大会の日程も正式決定してないし、大丈夫かね。
[PR]
by nugueira | 2010-03-23 23:12 | DREAM | Comments(0)