反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

史上最強のいじめられっ子

 『ゴン格』最新号を拝読。国内外の目立った興業がなかったせいもあってか、何となく軸に欠ける構成だった感じ。

 そんな中、驚いたのはGSPのインタビュー記事で出てきた「子供の頃はいじめられっ子だった」という事実。
 「髪の生え際にある傷はナイフでつけられたもの」とかいう話も出ちゃってるから、いじめの内容も相当ハンパないものだったのでは。この話、前から有名だったのだろうか。

 「学校の校庭では何をされるか分からなかった。それに比べれば金網の中はずっと安全だ」みたいな発言には、もの凄い現実感がありすぎて引くしかなくなってくる。「ストリートの喧嘩に比べればリングの中はずっと安全だぜ!」という趣旨の台詞を口にする選手はしばしば目にするが、GSPのこの言葉の前ではどれだけ空疎に聞こえることか。

 いじめられっ子だった少年が護身のために格闘技と出会い、いつしか「MMAの進化を10年早めた男」とまで呼ばれる存在に。『はじめの一歩』の遙か上を行く、フィクションとしか思えないような話である。4月のGSPの試合は、これまでとは違う見方で楽しむことができそう。
[PR]
by nugueira | 2010-02-28 23:00 | 雑記 | Comments(0)