反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

亀田VSデンカオセーンⅡ

 WBAフライ級タイトルマッチ、デンカオセーン・カウイチットVS亀田大毅をテレビ観戦。

 序盤からノーモーションの右と左フックを当て続けた亀田が、9・10Rの打ち合いでも優位な場面を作り、3-0の判定勝利でリベンジ&王座奪取に成功。
 快勝と言うと言いすぎなんだろうけど、デンカオセーンの減点を差し引いても亀田が終始優位に試合を進めていたことは確か。デンカオセーンは坂田にKO勝ちした選手とは別人のようだ。

 しかしまあ、亀田家も完全なヒールになってから立て続けにベルトを取るのが皮肉というか何というか。あの親父の指導法もあながち間違いではなかった、ということなのだろうか。
 とはいえベルトを取ったから一気に情勢が好転、というわけでもないだろうし、今後のビジネスのやり方は難しいだろうなあ。
[PR]
by nugueira | 2010-02-07 23:31 | ボクシング | Comments(0)