反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

秋山VSシウバ

 来年2月のUFCで秋山成勲VSヴァンダレイ・シウバが決定。

 DREAMなんて2週間先のカードもまだ全部決まってないのに・・・という比較はもはやするだけ無駄か。

 パッと見の印象は「秋山は2戦目で随分な抜擢を受けたな」という感じなんですが、よく考えるとシウバは1勝3敗で負けが込んでいる選手。で、今後仮にミドル級のトップどころと当てても黒星を重ねる可能性はけっこうな確率で有りうる。
 一方の秋山もベルチャー戦を見るに、トップグループまでは届かない中途半端な選手を相手につまずいてしまう展開は十分ありうるので、それならここでシウバとぶつけちゃえ、という判断はけっこう合理的かも。

 勝敗は
 ①秋山のKO勝ち
 ②秋山の判定勝ち
 ③シウバの判定勝ち
 ④シウバのKO勝ち
 のいずれかなわけですが(一本勝ちの展開は捨象)、さすがに①はないか。④ならシウバ堂々の復活、という展開で、場合によっては一気にタイトル戦線に絡めちゃうのもあり。②③なら勝った方がトップ戦線へ駒を進めて、内容次第だけど負けた方もそれなりに評価を上げる(又は維持する)、という展開じゃないでしょうか。

 個人的には勝敗に加えて「整形手術後のシウバのテレビ映りや如何に」という点にも興味津々ですが。
[PR]
by nugueira | 2009-10-13 23:16 | UFC | Comments(0)