反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC104の予想

 今月下旬は大型興業目白押し。まずはUFCの予想を。

岡見勇信○-×チェール・ソネン
 ミドル級戦線で完全にトップ集団から遅れてしまった感のある岡見。ソネンは楽な相手ではないが勝って上位戦線再浮上を果たしてほしい。

アントニー・ハードンク○-×パット・バリー
 ともにK-1出場経験のある選手同士の対決。打撃戦の末にどっちが勝つか・・・。予想が難しいですがハードンクに一票入れておきます。

ジョー・スティーブンソン○-×スペンサー・フィッシャー
 ライト級の上位戦線生き残りのかかった一戦。フィッシャーが宇野を破った勢いでどこまで行けるかだけど、スティーブンソンの方が地力で上回りそう。

ケイン・ベラスケス○-×ベン・ロスウェル
 ヘビー級注目株の対決。ベラスケスの前戦を見ると、タックル中心のしつこい攻め方は面白味に欠けるけど手堅い印象。これで勝つといよいよ上位グループの背中が見えてくる。

リョート・マチダ○-×マウリシオ・“ショーグン”・フア
 メインはライトヘビー級タイトルマッチ。ショーグンはコールマン・リデルを破ってのタイトルマッチ挑戦だけど、いずれも勝ったとはいえインパクトに欠ける試合だったし、今のリョートを相手にするのはきついか。リョートがこれまで同様「殴られずに殴る」スタイルでKO勝ちしそう。

 TUF、全然見てない。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2009-10-17 23:40 | UFC | Comments(0)