反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

戦極第九陣の感想①

 PPV観戦の感想、前半戦から。

中尾“KISS”芳広○-×チェ・ムベ(判定)
 レスリングの攻防っぽい場面も少々あったが、基本的にスタンド勝負で進んだ挙句、2Rからガス欠を起こしたムベ相手に中尾がテイクダウンだけ取り続けて勝利。中尾は勝つには勝ったけど、興行の第一試合としてもヘビー級戦線での存在感アピールとしても物足りない内容。

日沖発○-×金原正徳(判定)
 日沖が序盤からマウントを奪ってパウンド連打、さらに下から三角と腕十字を交互に狙い続けるものの金原が何とか凌いで1R終了。この後も日沖が圧倒するものの金原が耐え続け、3Rは逆に金原が打撃でペースを奪い返す展開に。
 終わってみれば判定は3-0で日沖。日沖は勝って当然の試合を順当に取ったが、やはり序盤で試合を決めておきたかったところ。金原の「この一戦」に賭ける気持ちが一矢を報いたか。休憩明けに「一矢を報いた」どころじゃない展開になるのだが。

小見川道大○-×マルロン・サンドロ(判定)
 試合は基本的に打撃戦で展開。サンドロは小見川に組み付かれても抜群のバランス感覚で凌ぎ続ける。サンドロは頭を振ってディフェンスする小見川にヒザ蹴りの動きを見せる辺りも上手いが、思いのほか攻めきれていないか。
 2Rになると動きが落ちてきたサンドロに対して小見川が攻勢になるが、逆に飛び込んできた小見川にサンドロがギロチンを入れようとして、主導権はなかなか握らせない。
 3Rはほぼ互角の展開の末、終了間際に小見川がようやくテイクダウンに成功するも何もできずゴング。
 小見川はテイクダウンを取るのがもうちょっと早ければなあ。まあでも頑張ったよ、と思いながら判定を見ていたら2-1で小見川勝利。サンドロとセコンド激昂。
 うーん、かなり微妙な試合であったことは確かだけど、要所要所で打撃のダメージを与えていたことを考慮するとやっぱりサンドロでは?ホームタウン・ディシジョンに泣いたという感じですかね。

ジョン・チャンソン○-×マット・ジャガース(2R 三角絞め)
 1Rはチャンソンが突進しながらのパンチでやや優勢に。ジャガースもグラウンドではガッチリ守っていたので長引くかな、と思っていたら、2Rにチャンソンが下から三角を極めて一本。意外と器用なのね。

光岡映二○-×クレイ・フレンチ(1R ギロチンチョーク)
 上を取った光岡、フレンチが立ち上がったところに飛びつくようにギロチンを入れてそのまま一本勝ち。ゴリアエフ戦に続いて内容のいい連勝で、もう1試合クリアすればタイトルマッチ挑戦も見えてくるか。「もう1試合」の相手が横田になりそうな嫌な予感がするが。

郷野聡寛×-○ダン・ホーンバックル(3R KO)
 郷野は相手の打撃はよく見えている感じだったが、1Rは首相撲からヒザ蹴り連打と踏みつけ、2Rはテイクダウンの後マウントを取られてしまい、どうも印象がよくない。
 ポイントでは不利と見られる第3R、郷野は上下のパンチを入れてペースアップをしていくが、ホーンバックルが郷野のミドルを掴んだ後、右ハイキックを直撃して衝撃のKO勝利。
 郷野については「入場の郷ひろみはあまりに適当でけしからん」という苦情を書こうと思っていたら、それどころではない負け方をしてしまい本当にショック。UFCでもKO負けはなかったのに、何でよりによってこのタイミングで・・・。規定路線と思われた郷野VS瀧本はこれで先行き不透明に。ウェルター級王者決定戦は瀧本VSホーンバックル?

 衝撃の後半戦へ続く。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2009-08-02 23:26 | SRC(戦極) | Comments(0)