反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

DREAM.10の感想③

マリウス・ザロムスキー○-×ジェイソン・ハイ(1R KO)
 ハイのタックルやグラウンドの攻めを凌ぎ続けたザロムスキーが最後はハイキック一閃。2戦連続のKO劇でウェルター級王座を獲得。
 マッハが優勝できないことを予想した人はいても、ザロムスキーが優勝することを予想した人は少ないのでは。正直なところ4人の中では実力的に一番下という印象があったので、まさに大穴が来ちゃった感じ。
 とはいえ、今回の勝ち方は説得力十分な内容。展開に恵まれた感はあるし、グラウンドの強い選手に寝かされたらコロッと負けるんじゃないか、という空気もプンプン漂ってるんですが、逆にこういう評価をされてた選手が大化けするのもしばしば起こりうる事態。今回については、素直にニューフェイスの王者が誕生したことを祝福すべきだろうと思います。

 大会全体の感想ですが、マッハの敗退は残念ではあるものの、全体としてなかなかいい興業だったのではないかと。DREAMは「いい興業」は今回に限らずけっこうあるものの、それが「いい流れ」につながってくれないのが辛いところですが。

 戦極との同日興業は回避したのね。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by マルム at 2009-07-24 21:59 x
全面的に同意見です。

マッハは本当に残念でしたが、いっそのことザロムスキーにはDREAMの顔的な外国人選手になるくらい大活躍して欲しいです。
Commented by nugueira at 2009-07-25 23:42
>マルム様
 ニューカマーでも強い選手が頂点に立つ、というのはまさに全盛期のPRIDE的価値観だと思うので、格闘技ファンの好みにも合うと思います。今後の大化けに期待したいですね。
by nugueira | 2009-07-24 20:07 | DREAM | Comments(2)