反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RIZINの感想①

 生放送だったセミとメインの感想から。尺は大幅に余らず、最後はKOで締まってくれて悪くない展開だったのでは。会場組は大変だったろうけど。

那須川天心○-×藤田大和(判定)
 藤田は開始早々にミドルキックを繰り出し、さらに自ら組み付きにいくがここは那須川が逆に上を取る。この後も那須川は猪木アリ状態からの踏みつけを繰り出した後、スタンドで藤田の打ち終わりに左フックを叩き込みダウンを奪取!
 このまま那須川が一気に押しきるかと思ったが、藤田は2R以降もスタンドでキレのあるパンチを出し、那須川が浅く被弾する場面も。さらに2R後半は藤田がトップポジションをキープし、試合は最終ラウンドへ。
 3Rは那須川が左ストレートとテンカオを繰り返し叩き込んで優勢に進めるものの、猪木アリ状態の藤田を攻めきることができない。終了間際には藤田がマウントを奪い、結局判定で那須川が勝利。
 藤田が大舞台と那須川に呑まれず頑張ったというべきか、那須川が粗さを見せたというべきか。ボクシングエリート相手に予告通りパンチで上回ったのは相変わらず凄いが。藤田は地道にキャリアを積めば強くなるかもしれないけど、RIZINに引きずり込まれるとロングスパンで中途半端な相手を当てられてスポイルされそう。

RENA○-×アンディ・ウィン(1R KO)
 RENAがバックブローに行ったところをウィンが組み付きテイクダウン。RENAは下から腕十字を仕掛け立ち上がるが、ウィンはおぶさってバックチョーク狙い。しかしRENAはこれを振りほどいて正対すると、強烈な左ボディ!一発で聞かされた様子のウィンにRENAがヒザとボディの連打を入れ続け、最後は左ボディを食らったウィンがコーナーに崩れ落ちフィニッシュ。
 相手の計量オーバー、長丁場興業とモヤモヤの溜まる要素が多かった中、最後にきっちり締めるのはさすが。やっぱりこの子は持ってる。

[PR]
# by nugueira | 2017-10-15 23:29 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

インタビュー それから

 NHKで放送していた高田延彦のインタビュー番組『インタビュー それから』を遅ればせながら視聴。
 
 放送直後にツイッター上で感想は散見していたのだが、思った以上に丁寧な作りだったことに驚いた。ちょうど20年前のPRIDE.1でのヒクソン戦に始まり、PRIDE.4での再戦、現在最前線で活躍する那須川天心をはじめとする若手選手へのエールなどを、試合映像も交えながら放送。もうNHKでこの映像やこの人名が流されている、ということにひたすら驚愕。普通ならテレビから干されても不思議じゃない状況の才賀紀左衛門の姿まで映すあたり、NHKは意外と懐が深い。あと映像協力のクレジットが「Zuffa」になっていたけど、映像権は未だに保有しているということなのだろうか。

 見ているうちに「これ、NHKの上層部に格闘技好きな人がいるんじゃないのか?」という気にすらなってきたのだが、仮に違うのだとしたら、総合格闘技というジャンルをNHKできちんと扱われるポジションにまで引き上げたのは間違いなく高田の功績。96年当時の自分はまだ格闘技ファンではなかったけど、この一戦がなければ何も始まらなかったんだなあ…ということを改めて思い知らされる。フジもRIZINの宣伝だけじゃなくてこういう企画を放送しなきゃダメですよ。

 12月には金子達仁によるプライドのノンフィクションが出版されるらしいし、20年の節目を迎え「高田vsヒクソン」がにわかにクローズアップされてきている。いま一度「創世記」の歴史を振り返らないといけないかなあ…という気になっているのは幻冬舎の思うつぼなのだろうか。

[PR]
# by nugueira | 2017-10-14 20:26 | 雑記 | Comments(0)
 バンタム級GP&女子GPの予想を。

アイリーン・リベラ○-×山本美憂
 リベラにどの程度期待していいのか分からないが、山本がテイクダウン以降の引き出しを増やしているとも思えないので。

浅倉カンナ○-×シルビア・ユスケビッチ
 浅倉はこの前の出場者決定戦の映像を見ても、この1年で動きが格段によくなっている。ここで山本と比べちゃうのも可哀想だが、やっぱり若いと伸び代が違うんだなあ。

アリーシャ・ガルシア○-×マリア・オリベイラ
 試合を見たことのあるアリーシャに一票。順当にいけば彼女がこのトーナメントの本命か?

マネル・ケイプ×-○山本アーセン
 バンタム級GPも石渡以外微妙…というかよく分からないメンバーになったが、まあお母さんの分もアーセンには頑張ってほしいということで。

ムン・ジェフン○-×ケビン・ペッシ
 うわあ…もう予想をパスしたいが、こうなったら乗りかかった船。時差ボケの少ないジェフンを支持(超適当)。

石渡伸太郎○-×アクメド・ムサカエフ
 満を持しての登場となる石渡に、堀口の対抗馬としての存在感を発揮してほしい。ここで相手のロシア人が無闇に強い、とかいうオチはないだろうな。それはそれで面白いが。

RENA○-×アンディ・ウィン
 生放送のメインを飾るのはRENA。体重設定はRENA寄りだし、寝技への対応が不安と言われつつ対応力をつけながらここまで来ている。グラウンドに持ち込む暇を与えず打撃で押しきってほしい。

[PR]
# by nugueira | 2017-10-13 22:56 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)
 15日のRIZINの予想、ワンマッチの方から。2試合生中継は面白い試みだけど、会場観戦組にはしんどいなあ。日帰り前提で九州以外から行くつもりだった人もいると思うのだが。

ジェロム・レ・バンナ×-○ロッキー・マルティネス
 旗揚げ当時の因縁を乗り越えてバンナが参戦。一発が入れば分からないんだろうけど、定期的にMMAの試合をやっている選手相手に勝ち目は薄そう。

川尻達也○-×ガブリエル・オリベイラ
 川尻のバンタム級GPワイルドカード査定試合。心意気は買いたいしこの試合はクリアしてくれると思いたいが、契約体重は63キロ。バンタムでやれるかどうかの査定になるのかなあ…という根本的な疑問が。

KINGレイナ○-×クリスタル・ストークス
 レイナは那須川とともに今年のRIZIN皆勤。粗いなりにデカい外国人相手に勝ち続けているのは大したもので、今回もしっかり結果を出してほしい。年末はいよいよギャビと激突か。

西浦“ウィッキー”聡生×-○アンディ・サワー
 また偉い微妙な組み合わせ。ウィッキーにとっては階級を上げての試合になるので、さすがにサワー優位か。寝技への対応が相変わらずザルだとしたら意外と分からないカードではあるけど。

桜庭和志○-×フランク・シャムロック
 グラップリングルールならレジェンド路線の選手が出てくるのも歓迎だし、桜庭vsフラシャムはPRIDE時代から期待されていたカードだから、オールドファンにとっては予想外のプレゼント。緊急出場のフラシャムにとっては厳しい試合になるか。

那須川天心○-×藤田大和
 那須川の相手は元ボクシングエリートの藤田。この相手なら那須川には寝技がどの程度できるのかを見せてほしい、という気もする。アムナットをKOしちゃうぐらいだから打撃戦になっても普通に殴り勝ちしそうだけど。

[PR]
# by nugueira | 2017-10-12 23:09 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

修斗の予想

 充実度合いでは同日開催のRIZINを超えた感もある、15日の修斗の勝敗予想を。

松本光史○-×大尊伸光
 世界戦では川名相手に大逆転劇をみせた松本。今回もしぶとさを見せてくれるか。

覇彌斗○-×六本木洋
 田丸との激闘が未だに鮮烈な印象の覇彌斗。オニボウズ戦の敗戦から再起を図りたいところ。

川名雄生○-×小谷直之
 小谷もなんだかんだで息が長いなあ。さすがに川名に現役王者の意地を見せてほしい。

高橋遼伍○-×青井人
 高橋の環太平洋王座防衛戦。キラーローの炸裂に期待。

澤田龍人○-×猿田洋祐
 飛鳥拳が怪我によりストロー級王座を返上。昨年の王座決定戦は息詰まる好勝負だっただけに残念。こうなるとその好勝負を演じた相手である澤田に頑張ってもらわなければ、という話になってくる。

扇久保博正○-×オニボウズ
 メインはフライ級タイトルマッチ。扇久保はTUF準優勝ながらUFCへの道が開けず、モチベーション維持に苦労していないかという点が心配。昨年のタイトルマッチでの圧倒的強さを今回も見せてほしい。ここで防衛したらRIZINのトーナメントにワイルドカード参戦…というのも難しいか?

[PR]
# by nugueira | 2017-10-11 23:42 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

KING OF PRO-WRESTLING

 新日本プロレス両国大会を新日本プロレスワールドで観戦。

 メインとセミはオカダ・内藤が順当に勝ち、1.4ドームでの激突が決定。オカダvsEVILは今年のオカダのタイトルマッチの中で見ると「並の水準」という感じだったけど、EVILの玉座に乗っての入場が妙に迫力があって良かった。ドームでEVILのシングルマッチが組まれてこの入場シーンを見せられてもあまり違和感はないだろうし、シングルプレイヤーとしての立ち位置が確立しつつあるのは会社にとっても収穫なのでは。

 内藤vs石井はデスティーノ大安売りの感はあったものの、カウンター式デスティーノとカウンター式垂直落下の応酬は見ながら「すげえ」と唸るしかなかった。この夏以降の内藤は「4年前のドームへのリベンジ」というストーリーが明確で、観客もそれに素直に乗っかる空気が出来上がっている。今回のメイン後の二人の絡みも最高だったし、年が空けるのが楽しみで仕方がない。

 KUSHIDAvsオスプレイはのっけからフルスロットルで「こいつら正気か?」と思わせる攻防の末、オスプレイが遂にKUSHIDA超え。リコシェも巻いていないシングルのベルトを獲ったということは、長期参戦が確定しているのだろうか。それにしてもオスプレイの空中技をKUSHIDAが跳びつき腕十字で切り返す場面を見ていて、前日のデメトリウス・ジョンソンのフィニッシュがフラッシュバックした。DJ、つくづく凄いな。

 個人的に最もインパクトの強い試合だったのがIWGPジュニアタッグ。ロッポンギ3Kの正体が小松&田中というのはまあ予想通りだったのだが、凱旋早々ベルトを奪取、しかもリコシェから獲ったのには驚いた。次期シリーズのジュニアタッグトーナメントにリコシェの名前が見当たらないのは何か関係があるんだろうか。
 新日本を再び見るようになってからそろそろ3年になるが、若手の海外遠征出発から凱旋までをリアルタイムで見るのは今回が初めてなので、そういう意味でも感慨深い。11月の大阪大会に向けた謎の煽りVが続いているが、これもジェイ・ホワイトの凱旋なのかな?

[PR]
# by nugueira | 2017-10-10 22:21 | プロレス | Comments(0)

パンクラス290の感想

田中半蔵×-○中原由貴(判定)
 1R、中原の左がヒットし田中ダウン!中原はそのまま近距離での打ち合いに持ち込むが、今度は田中の右が立て続けに入り中原がダウン!それでもひるまない中原は田中をケージ際に詰めると、またも左を打ち込んで2度目のダウンを奪取。のっけから凄い展開。
 2Rは両者手数が減るが、圧力をかける中原が要所要所で印象に残るパンチをヒット。田中のアイポークでの減点もあり、中原が一気にリードを広げる。
 後がない田中だが、3Rは田中のタックルを凌いだ中原が逆にバックを奪いパウンド。最後まで田中に逆転のチャンスを与えず、ランキング1位を破る大番狂わせをやってのけた。

日沖発×-○高谷裕之(1R KO)
 開始直後に高谷が前に出るが、日沖のアッパーがヒット!下がった高谷に日沖が左右のパンチを打ち込み、またもアッパー!ケージ際に下がった高谷を日沖が追撃に行くが、高谷の右フックがヒット!日沖は頭から前のめりに崩れ落ち、高谷が衝撃の逆転KO。
 こういうことを書くのは残念でしかないのだが、日沖はもう壊れてしまったのでは…。ダウンシーンは前回の田中戦の映像をプレイバックしたかのようで、2試合連続ワンパンチでのKO負けはもう言い訳が効かなくなってくる。セミの田中の敗戦も含めて、この1日でフェザー級の勢力分布が一気に変わってしまった。

[PR]
# by nugueira | 2017-10-09 10:38 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)

UFC216の感想

ベニール・ダリウシュ△-△エヴァン・ダナム(判定)
 開始から圧力をかけていくダリウシュ。ダナムをケージ際に詰めると打ち下ろしのヒジ!ダウンしたダナムの上を取ったダリウシュがパウンドで削り続けて1R終了。
 2Rは開始早々ダナムがタックルからテイクダウン。ダリウシュは下からオモプラッタを仕掛け立ち上がると、ラウンド後半に細かいパンチを入れていく。微妙だがダリウシュのラウンドか?3Rはダナムが積極性で上回った印象で試合終了。
 ダナムがよく立て直したが、ダリウシュの逃げ切りか?と思いきや判定はダリウシュ1-0のドロー。ダリウシュとしては勝利を取り逃がした形か。

ファブリシオ・ヴェウドゥム○-×ウォルト・ハリス(1R 腕十字)
 開始早々にシングルレッグからテイクダウンを奪ったヴェウドゥムがあっさりマウント。最後は腕十字で一本。試合当日の対戦相手変更だったが、えらいイージーファイトになっちゃったな。

デメトリアス・ジョンソン○-×レイ・ボーグ(5R 腕十字)
 DJのミドルをボーグがキャッチするが、DJはそこからバックに回り込む。スタンドに戻った後もボーグのタックルを切りトップポジションを取ると、アームロックを狙いながらパウンドで削っていく。
 2RはボーグがタックルでDJに尻餅をつかせ、さらに背中におぶさるものの、DJは振り落として上を取るとパウンド。相変わらず攻防のつなぎ目でのスピードが際立っている。
 ボーグはタックルからのテイクダウンとギロチンを狙っていくものの、DJの動きについていけず3R辺りから背中をべったりとマットにつけてしまう場面が増えてくる。DJがいつもながらの横綱相撲で圧倒するが、ボーグも一本は許さずに5Rに突入。このままDJが判定勝ちか…と思ったところで、バックを取ったDJがバックドロップ!空中でボーグの左腕をつかむと着地しながら腕十字の体勢に移行し、そのまま一本!劇的すぎるフィニッシュでUFC最多防衛記録更新に花を添えた。
 1Rと5Rで運動量が全く変わらないスタミナと「ここでこの動きができるか」という引き出しの多さは相変わらずで、これだけでも十分「DJ強し」と思わせる内容だったのだが、最後にあのフィニッシュ。それこそ新日本プロレスでKUSHIDAあたりがやってもおかしくなさそうなムーブで、それをMMAでやってしまうんだから恐れ入るしかない。DJを止める選手の出現は当分想像がつかないなあ。

トニー・ファーガソン○-×ケビン・リー(3R 腕十字)
 リーが遠い距離から飛び込んでのワンツーをヒット。さらにリーがパンチを打ち込み、ファーガソンがフラッシュダウン。しかし追撃に来たリーに今度はファーガソンがカウンターを入れ今度はリーがグラつく。攻め込むファーガソンにリーが組み付きテイクダウン。ファーガソンがオモプラッタや腕十字を仕掛けるが、これを防いだリーがパウンドとヒジで猛攻!ファーガソンはホーンに救われる。
 いきなりピンチを迎えたファーガソンだが、2Rに入るとジャブがリーの顔面を捉えるようになり、タックルも切ってみせる。リーは距離を見切られてしまったかパンチが当たらなくなり、ファーガソンのペースに。
 3Rはリーがリフトアップからのテイクダウン。一度はファーガソンが立ち上がるがリーが再度テイクダウン。するとファーガソンが下からの腕十字を仕掛ける。これはリーが防ぐが、今度は三角へ。脱出できずにリーがタップし、ファーガソンが10連勝で暫定王座を獲得。
 ここでリーに勝たれてしまうと「これまでのライト級は何だったんだ」となってしまうところだったので、順当な結果に落ち着いてくれてよかった。ファーガソンはマクレガーと戦ったら普通にKOされて終わりそうだけど、マクレガーは戻ってくるのかなあ…。

[PR]
# by nugueira | 2017-10-08 23:21 | UFC | Comments(0)

UFC216の予想

 日本時間8日のUFCの予想。

ウォルト・ハリス○-×マーク・ゴッドビアー
 RIZIN旗揚げ戦を欠場したゴッドビアーも気づけばUFCファイター。とりあえずUFC戦績で上回るハリスを支持。

ボビー・グリーン×-○ランド・ヴァナータ
 かつて上位ランカーを窺っていたグリーンもいつの間にか3連敗中。ヴァナータはUFC1勝2敗だがファーガソン相手に善戦しているし、打撃戦で打ち勝っちゃいそう。

ウィル・ブルックス×-○ニック・レンツ
 UFC1勝2敗で試合内容も精彩を欠くブルックス。レンツに負けるようだとリリースが見えてくるが、ちょっと信頼性に欠けるかなあ。

ファブリシオ・ヴェウドゥム○-×デリック・ルイス
 ハントに敗れ引退宣言したはずのルイスがあっさり復帰。でもいきなりヴェウドゥムと戦わされるのはキツいなあ。ヴェウドゥムがスタンドでもグラウンドでも優位に立ちそう。

デメトリウス・ジョンソン○-×レイ・ボーグ
 DJが仕切り直しのV11戦。でもライト級暫定王者戦にメインを持って行かれちゃうのね。まあ勝負論的な興味のわきようがないカードだからなあ…。

トニー・ファーガソン○-×ケヴィン・リー
 怒涛の9連勝でRDAにも勝っているファーガソンはいいとして、リーは暫定王座戦に出るほどの選手か?5連勝中とはいえ上位陣に勝っているわけでもないし、巡り会わせが良かったとしか思えない感じ。ここはファーガソンに快勝してほしい。マクレガーはちゃんと防衛戦してくれるのかね、といういつもの話に行きついてしまうのだが。

[PR]
# by nugueira | 2017-10-04 23:55 | UFC | Comments(0)

PANCRASE 290の予想

 8日のパンクラスの予想。現役王者のUFC参戦が相次いでいるので仕方ないのだが、最近タイトルマッチの頻度が落ちており各階級とも停滞感が漂っているのが寂しいところ。

アキラ○-×郷野聡寛
 郷野が久々のパンクラス参戦。とはいえ現役上位ランカーのアキラに一泡吹かせられそうな雰囲気はないし、何より計量オーバーしないだろうな?というレベルで不安。

田中半蔵○-×中原由貴
 日沖を秒殺KOし一躍ランキング1位に躍り出た田中。ここはきっちり勝ってタイトル戦線への道筋をはっきりさせておきたい。

日沖発○-×高谷裕之
 メインはフェザー級のベテラン対決。元SRC王者vs元DERAM王者の組み合わせではあるのだが、両者とも旬は完全に過ぎてしまった。直近の試合で負けている者同士の試合がメインになるのは、今のパンクラスらしくないなあ。
 日沖は前回のKO負けで打たれ弱くなっていないかが不安だが、相対的な力関係ではさすがに高谷より上か。無難に日沖の判定勝利を予想。

[PR]
# by nugueira | 2017-10-03 23:51 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)